ページ上部へ戻る

ヤミ金問題相談室HOME > 多重債務も一挙に解決

多重債務も一挙に解決

サラ金業者からの借金もありませんか?

  • ヤミ金から借入をする人の多くがサラ金の多重債務に陥っている
  • ヤミ金問題の解決だけでは、サラ金からの取立は続いてしまう
  • 【ヤミ金問題相談室】ではヤミ金・サラ金・すべての借金をワンストップで解決

ヤミ金業者から借入をしている人の多くは、アコムやプロミスなど、正規のサラ金からも複数融資を受けています。これはヤミ金被害者の多くが元々、複数のサラ金から限度額いっぱいまで融資を受けたことで信用状態が極端に低下し、一般的なサラ金から融資を断られた結果、高い金利や厳しい取立を承知でヤミ金に手を出してしまうためです。

当所ではヤミ金問題を専門に対策しています。しかし当所に委任することでヤミ金問題が解決しても、債務者の方がほっと一息吐くのもつかの間、一般のサラ金からの取立は続きます。債務者は手持ちのお金がないからこそヤミ金に手を出してしまったのですから、サラ金に返せるお金などあろうはずがありません。この結果、またすぐにヤミ金地獄に戻ってしまうと言う悪循環にもなりかねないのです。

当所ではこの問題を解決するため、必要であればヤミ金問題もサラ金問題も併せて処理いたします。ヤミ金と言う個別の案件ではなく「借金問題」と言う苦難に区切りをつけることは人生を好転させるための一つの転機となります。「災い転じて福となす」の言葉の通り、当所としては、債務者の方がすべての借金問題を一度に終わらせることを通じて、お客様の人生を希望の幕開けとできるようお手伝いしたいと願っています。

一般的な弁護士・司法書士にヤミ金・多重債務解決を頼むと

  • 一般的な弁護士・司法書士事務所はヤミ金問題をあまり好まない
  • 引き受けてくれた場合でも後ほど債務者に負担がかかる場合も
  • 正規のサラ金だけの処理を委任すると減債などでちぐはぐな結果になることも

ヤミ金からの取立はし烈を極めます。この緊急事態に際して債務者が大慌ててで目についた弁護士・司法書士事務所に飛び込んだところで、一般的な弁護士・司法書士が暴行・脅迫なんでもありの犯罪者の対処を喜んで引き受けるわけではないのです。そのため、債務者が連絡をしたところ、相手が相談に乗ってくれるのはまだ良い方で、電話などで連絡をしても断られてしまうことも往々にしてあるのです。では、なぜそのような結果になってしまうのでしょうか。それは弁護士・司法書士にとってヤミ金は金融業者ではなく、暴力や嫌がらせを繰り返す悪質な犯罪者であるためです。

一般的に個人間でのお金の貸し借りは民事事件の対象です。

それにも関わらず、ヤミ金問題は極端に危険で、どちらかと言えば刑事事件として立件も可能な案件なのです。 このようにリスクが高いにも関わらずヤミ金問題は解決をしたところで、弁護士・司法書士としてはさほどの儲けにはなりません。 単純に言えば「関わりたくない案件」にヤミ金問題は含まれるのです。

この結果、一般の弁護士・司法書士としてはよほど手が空いてない限り、ヤミ金関連の相談は見送ることが多いのが実情です。 もちろん善意で引き受けてくれる弁護士・司法書士も数多くいるでしょうが、それでも大抵は交渉のためのノウハウが確立していないため、ヤミ金から元金の返却での和解をもちかけられると、まずそれを受け入れます。 一般の債務整理事務所に委任した場合、ヤミ金問題の解決は最も良いパターンでもこのような結末になることがほとんどです。 債務者としてはどうにも納得が行かず、不承不承と言った終わり方になりかねません。

さらにヤミ金問題と多重債務は実は密接な関係があります。ヤミ金の定義は一見簡単なように見えますが実はそうではありません。 金利の高さや取立の厳しさはもとより、個人間で貸し借りをしているのか、複数人の債務者に対して時間をかけて融資を行なっているのかでも違います。 このため、債務者の中にはヤミ金から借入をしているにも関わらず、個人間でのお金の貸し借りだと思い込んでいるケースもあります。 また、ヤミ金から借入をしている債務者の多くは、長期間にわたる借金があることが少なくありません。 このため、借金の一本化や乗り換えなどによってヤミ金に手を出してしまうことがあるのです。 その場合、ヤミ金対策だけは当所で行い、債務整理は他所で行うなどとすると、計算がちぐはぐになりかねず、本来当所ならばできるはずだった大幅な減債交渉や返済期間の繰延、過払い金の返還請求などができなくなり、後々悔しい思いをする可能性が生じるのです。

お電話でのお問い合せはこちら0120954585

フォームでのお問い合わせはこちら

ヤミ金と多重債務の同時解決例

例

林田耕太郎さん(仮名) 38歳 会社員

林田さんの借金はサラ金5社から計780万円。 またマイホームがあるため、住宅ローンが2200万円。 サラ金の金利の返済が次第に苦しくなり、多重債務の自転車操業に陥った後、返済を滞納せざるを得なくなった。 この問題に心を痛めている最中、ふと雑誌の裏表紙でみかけた「ブラック可・低利で融資のキャンペーン中」の見出しを目にした。
その結果、トイチでヤミ金から10万円を借りた。 しかし、振り込み後にヤミ金から電話があり、初回金利を差し引いて5万円を振り込んだので、10日後に50万円にするようにと言われ、混乱してしまった。

▼

問題解決例

問題解決例

ヤミ金業者については委任後、すぐに連絡。いわゆる「090金融」のような形態のヤミ金は所在地を明かさない。 そのため、ヤミ金問題相談室では事務所から直接ヤミ金に電話を入れる。 ヤミ金側は腕を切り落とすだの、刺し殺すだのと物騒な恫喝を繰り返すが、当所側は一切相手にしない。
ここまでの時間は委任されてから概ね三時間。またこの間、当所はヤミ金側が最も嫌がるポイントを引き合いに出して交渉を続ける。 結局、債務者への取立を止めることでヤミ金側は承諾したが、元金分だけは返済するようにと持ちかけてくる。
しかし当所は断固としてこれも拒否。ヤミ金はもう一度連絡を入れるとのことで、一度連絡が途絶える。 それから二時間後、ヤミ金側は債務者に対し、以降、一円の取立も行わないと約束することでヤミ金解決が完了する。

債務整理の種類について

任意整理
任意整理とは、弁護士・司法書士を債務者の代理人として債権者と和解交渉を行う債務整理手法です。 任意整理は債権者のそれぞれの特質に応じて柔軟な対応が可能であり、たとえば連帯保証人が付いている債務がある場合、それだけは除外すると言ったこともできます。
また、裁判所を始めとする公的機関を利用しないため、官報を含めて、借金の情報が漏れることは一切ありません。
個人再生
個人民事再生とは、マイホームを持っており、かつ定期的な収入のある債務者に向いた債務整理です。
個人民事再生を行うと住宅ローンだけは除外して、他の借金を一括して整理します。
個人再生は裁判所を通じて行う公的な債務整理であるため、半年程度の日数が必要となりますが、 その分、圧縮幅は大きく概ね二割程度までは借金を減らすことができます。
ただし、住宅ローンの返済は変わらないため、収入にある程度の余裕も考慮する必要があります。
自己破産
自己破産とは債務者のあらゆる借金をゼロに戻すことのできる債務整理です。
自己破産はその響きから大きなデメリットを連想しがちですが、現実的には収入がほとんどなかったり、また複数の消費者金融や知人・友人・親類などから借金をして返済ができないような状態の債務者にとってはメリットしかない債務整理といえるでしょう。
自己破産は裁判所から免責を得て借金をなくすため、手続きに多少の時間がかかり、また借金の理由なども精査されます。 借金の原因が遊興費やショッピング・レジャーなどである場合、免責が許可されないため、自己破産はできません。 逆に事業における失敗など、社会的に誠実であると認められた場合には免責が降ります。
自己破産の許可が降りた後、財産などは破産管財人に処分されますが、それと引き換えに借金はすべてなくなる上、生活必需品や99万円以下の現金は持つことができます。
このため、たとえばヤミ金のような悪質な犯罪者から借金をせざるを得ないような段階において、自己破産は大いに活用できる債務整理だと言うことができます。

お電話でのお問い合せはこちら0120954585

フォームでのお問い合わせはこちら

最速即日解決!!お急ぎの方は「お電話」を

0120-838-370(ヤミハ ミナゼロ)

ォームでのお問い合わせはこちらをクリックしてください

フォームでのお問い合わせはこちら

  • ヤミ金問題コラム
  • ヤミ金問題Q&A
  • 多重債務も一挙に解決
  • ヤミ金問題相談室の理念