ページ上部へ戻る

ヤミ金問題相談室HOME > ヤミ金問題Q&A

ヤミ金問題Q&A

ヤミ金は高利貸しではなく、振り込め詐欺や投資詐欺などに並ぶ金融詐欺の一種です。 しかも金融詐欺の中では特別に悪質性が高く、債務者やその周囲の人々を脅すことで際限なくお金を搾り取ろうとしてきます。

ヤミ金自身もこの違法性は重々理解しており、その上で法外な利息で融資を行なっているため、貸付に際しても初回から金利分を上乗せさせた契約書に判を押させたり、また債務者が滞納するや大量の出前を送りつけたり、パトカー・消防車などを幾度も債務者の自宅に呼び出したりと嫌がらせを繰り返します。

この結果、債務者の多くは精神的に逼迫してしまい、中にはノイローゼに陥ってしまう人までいるのです。さらに債務者の家族に対しても執拗に脅しを繰り返すため、債務者としては何とかお金を作ろうと苦慮します。しかしいざ返済を行ったところで、ヤミ金はそれで完済を認めず、言い訳を作ってはさらにお金を奪い続けることの繰り返しになるのです。

ヤミ金に対しては関わらないことが何よりも大切です。しかしヤミ金は正規のサラ金などに偽装していることも少なくないため、ときに債務者側に何ら落ち度がなくともヤミ金被害に遭ってしまうこともあります。そこでここではヤミ金問題に関するオーソドックスなQ&Aを記載しています。

ヤミ金は常にあの手この手で被害者を募ります。このため、下記以外であっても「ヤミ金かな」と思った場合、まずは当初の無料相談までお問い合わせ下さい。

質問をクリックしていただくと、回答がご覧いただけます。

Q

ヤミ金に家族や会社への連絡先を知られてしまいました。取立を受けないか心配です。

A

すぐに当所に詳細をご連絡下さい。貸金業者が債務者の家族や勤め先に連絡をすることは違法です。しかし、ヤミ金は違法であることを承知で嫌がらせを行います。早めに対処を行わなければ問題はどんどん拡大してゆきます。

Q

完済したにも関わらず、ヤミ金からと思しき電話が幾度もかかってきます。

A

絶対に電話に出てはなりません。融資の営業ならばまだしも、完済ができていないなどと難癖をつけてくる可能性も高く、その場合、問題が再発してしまいます。

Q

ヤミ金問題の解決後、ブラックリスト入りしますか。

A

しません。上述したようにヤミ金はいわゆる「消費者金融」ではなく、金融業に見せかけた犯罪者に過ぎません。世間で言われているブラックリストは消費者金融や銀行間などで共有されている事故情報を指します。しかし金融犯罪を解決したところで、事故情報には関係がありません。もしブラックリストに登録されたのであれば、それはヤミ金ではなく、正規のサラ金への滞納などが理由として挙げられます。

Q

ヤミ金対策の後、クレジットカードの利用は可能でしょうか。

A

可能です。ブラックリストの件と同様、犯罪者であるヤミ金業者に対して交渉を行ったところで、ヤミ金側はカードの停止に関して何らの効力を及ぼすことができません。ただし、一般の消費者金融に対しての返済が滞っている場合、その流れでカードが利用できなくなる可能性は生じます。

Q

ヤミ金問題の対策を行いたいけれど、家族や勤め先には知られたくない。

A

ヤミ金問題の対策をすることで、家族や会社はおろか、その他の人々に債務者の個人情報やヤミ金問題の事実が知られることは万が一にも起こりません。ヤミ金対策はサラ金の債務整理とは違うため、裁判所などの公的機関を利用することはなく、また官報にも当然ヤミ金対策を行った事実は記載されません。そもそもヤミ金業者そのものが債務者の個人情報を盾にゆすり・たかりを行なってきます。このため、手をこまねいていると家族や会社はおろか、周囲の様々な人にヤミ金が取立を開始し、結果、ヤミ金問題を周囲に知られてしまいかねないのです。なるべく早めに当所に連絡することをおすすめします。

Q

貸付のために審査を行いましたが、ほとんど間を置かずに審査が通った。

A

ヤミ金と考えて間違いありません。サラ金であれ、銀行であれ、貸金業者は融資を行うにあたり、必ずある程度の審査の時間を必要とします。しかしほとんど間を置かずに審査が終わると言うことは、要するに何も調査をせずに貸付をしていることと同義なのです。ヤミ金業者は返せない人から無理に取立を行うことで業務を成り立たせています。怪しいと思った場合には近づかない方が賢明です。

Q

低金利で融資が受けられる業者を見つけたため、借金を一本化しようと思うのだけれど。

A

ヤミ金業者は低利を売りに債務者を募ることがあります。金融庁のウェブサイトを閲覧することである程度のヤミ金業者は判断できます。ただし、記載されている他にもヤミ金業者はごまんと存在します。極端な低金利の業者があったので一本化をしたと思ったら、実は単にヤミ金から借入をしただけだったと言うケースもあります。甘い話には裏があると思っておくことが肝心です。

Q

毎日のようにDMが届いたり、貸付の電話がかかってくるのですが。

A

絶対に相手にしないことです。過去にヤミ金やそれに関連するような悪質な業者に個人情報を流されてしまうと、しばらくの間、様々な悪徳金融や金融詐欺の連絡が舞い込んできます。せっかくヤミ金対策を行ったにも関わらず、新たなヤミ金の営業に乗ってしまうと元のもくあみになりかねません。お金がないからヤミ金の融資を受けたことは承知しています。そのため、目前の誘惑を断ち切るのは少々骨が折れるかもしれません。しかし一切相手にしないことを強く心に誓うべきです。1ヶ月から遅くとも3ヶ月も放置すれば、やがて連絡は途絶えます。

Q

正規の消費者金融として登録をしていると言われた。

A

消費者金融として登録をしている業者の中でも、登録一年未満のサラ金業者を都1業者(トイチ業者)と呼びます。このトイチ業者の中には正規のサラ金業者もあります。しかし同時にこれはヤミ金業者の隠れ蓑としても有名です。登録二年目以降はヤミ金の割合が大幅に減りますが、正規に登録されていても一年未満のものは信用度が著しく低いため、ヤミ金である可能性も十二分に考慮する必要があります。

Q

カードの現金化や金貨金融などはヤミ金なの?

A

いわゆるヤミ金の範疇に含まれます。ヤミ金業者の中には、単純なヤミ金業務では逮捕される確率が高いと踏んで、特殊な仕組みを構築することでわかりにくいサヤ取りを行うことがあります。カードの現金化などはその一種で、業者の指示に従ってゆくと気づいたときにはほとんど現金は得られず、カードに借金だけが残る仕組みになっています。またそこから派生して詐欺に加担させられることもあるため、注意が必要です。

Q

町中の電柱や駅前の看板持ち、ポケットティッシュの広告などに記載されている「無審査・無担保」や「無職の方でも低金利で一本化」「ブラックでもOK」などの見出しが並んだチラシなどはヤミ金?

A

ヤミ金の可能性が高いです。一般的なサラ金では、無審査・無担保・ブラックリスト入りの債務者などに融資は行いません。もし興味に駆られて連絡をしてしまうと、お金を貰えないまま、いきなりキャンセル料を請求されたり、また一方的な押し貸しに遭ってしまう可能性も否定できません。近寄らないことが肝心です。

Q

融資は受けられたものの、契約書などの書面を交わしてもらえなかった。

A

ヤミ金と考えて間違いありません。ヤミ金は一般的に口頭での契約が多く、書面などの証拠が残るものを好みません。そのかわり、債務者の家族や勤め先の連絡先を抑えておきます。これはいざ債務者が滞納を始めるや、人質としての効果を発揮するためです。いずれにせよ、融資を受けた時点でヤミ金問題が発生したと考えるべき。なるべく早めに当所にご連絡下さい。

Q

金利が高すぎてどうしても返済ができなくなったところ、ヤミ金から携帯電話を一台作れば完済とすると言われた。

A

犯罪への加担となります。絶対に応じてはなりません。ヤミ金業者は自分たちの居場所が発覚することを極端に嫌うため、債務者名義の携帯電話や口座などを利用して貸付の手続きを行います。しかしこれらは犯罪であるため、いかに完済と引換などと言われても応じてはなりません。後日ヤミ金が警察に逮捕された際、携帯電話の持ち主として警察から事情聴取を受けたり、場合によっては逮捕となります。また、ヤミ金に携帯電話を貸した場合、その利用料金などは債務者の負担となります。このため、後日大きな金額の請求を受けかねません。もしヤミ金から携帯電話の作成などを頼まれば場合、後で改めて連絡すると告げ、大至急当所にご連絡下さい。

お電話でのお問い合せはこちら0120954585

フォームでのお問い合わせはこちら

これらもヤミ金の一種です

クレジットカードのショッピング枠の現金化

カードの現金化は昨今出てきて問題になっているヤミ金の一種です。クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠の二種類があります。キャッシングに関しては通常の消費者金融と同じ仕組を辿りますが、このヤミ金業ではショッピング枠を用いて現金を作ります。たとえば債務者がクレジットカードの現金化業者に連絡をすると、業者は債務者に対してカメラやタブレットなど特定の電気製品を購入するように指示してきます。債務者がその指示に従って商品を購入し、業者に郵送をすれば業者は数%の手数料を割り引いたかたちで現金を振り込むと言うものです。

一見するとさほどの問題があるようには見えませんが、実際にはショッピング枠を利用した場合、カード会社の定めた利子が付く上、さらに現金化業者が数%の手数料を取るのでこの時点で一般よりもやや高めの金利になります。しかし実際には業者は郵送費や手数料の名目で次々と買取価格から割引を行うため、実際のところは購入額の半額程度が関の山となります。さらに大きな問題点としてショッピング枠を利用して現金化を行った場合、カード会社は規約違反として即時債務者のカードを利用停止にしてしまいます。このため、たとえば業者が定価の1割でしか買い取らないなどと言い出しても、債務者としては泣き寝入りするしかないのです。

紹介屋
紹介屋とは、多重債務で信用状態が低下した債務者に対し、融資先を紹介するとの名目で融資額の3割〜5割程度を手数料として取る者のことです。一般的に紹介屋はまず口先だけの詐欺師であることがほとんど。債務者がもはやどこからも借入できないことを繰り返し強調し、自分ならばそれを何とかすると言うことで手数料を取りますが、通常はそのままいなくなってしまいます。ただし、たとえば飯場や風俗店で債務者を働かせたいと言うヤミ金の場合、紹介屋とグルになって幾度も借入を繰り返させ、返済ができない状態にまで追い込むケースもまれに見受けられます。
整理屋
整理屋は弁護士・司法書士などの資格を持たずに債務者の借金の交渉を行う者のことです。紹介屋と同様、整理屋もほとんどが詐欺であり、手数料を渡すとそのままいなくなってしまうケースが後を絶ちません。また、ヤミ金と裏で結託し、債務者に対して借金の一本化を提案することもあります。この場合、一本化したかと思わせて実際には何もしておらず、ただ手数料だけを支払って借金はそのままと言う話もあります。
押し貸し
押し貸しはヤミ金がよく使う手です。融資の連絡をしたのは良いものの、手続きの最中に債務者側が何らかの事情で融資を受けることを断念することがあります。その場合、ヤミ金は強制的に債務者の口座にいくばくかの金額を振り込み、勝手に融資を行ったとしてヤミ金業を始めてしまうのです。これは言い換えれば債務者がヤミ金に対して連絡をした時点でヤミ金からの嫌がらせはほぼ確定してしまうとも言えるでしょう。
システム金融・債権屋など
これらは主に法人を相手にしているヤミ金の形態の一つです。いわゆるヤミ金よりもさらに高利で融資を行ったり、高額で社債の買取を迫ったりするヤミ金です。

お電話でのお問い合せはこちら0120954585

フォームでのお問い合わせはこちら

最速即日解決!!お急ぎの方は「お電話」を

0120-838-370(ヤミハ ミナゼロ)

ォームでのお問い合わせはこちらをクリックしてください

フォームでのお問い合わせはこちら

  • ヤミ金問題コラム
  • ヤミ金問題Q&A
  • 多重債務も一挙に解決
  • ヤミ金問題相談室の理念