ページ上部へ戻る

ヤミ金問題相談室HOME > ヤミ金問題コラム > 無料のものは跳ね返ってくるよということ

ヤミ金問題コラム

無料のものは跳ね返ってくるよということ

2017.09.11

借金をして踏み倒す。これを一種の成功体験として捉えている人がいます。
 
世の中に無料のものはありません。スーパーの試食コーナーだって、毎日毎日試食ばっかり繰り返していたら、せっせとウインナーに爪楊枝をさしているコーナーのおばさんにもイヤな目で見られてしまいます。たまには一回くらいは買ってあげるのが礼儀です。
 
役所では無料でやってくれるサービスもたくさんあります。でも、それは税金を払っているから受けられるサービスなのです。
 
ところが借金に関してだけは踏み倒して当たり前という人が結構います。これを「よいこと」と捉えると、そのままの流れで「ヤミ金から借りるだけ借りて踏み倒して当たり前」という考えになってしまいます。
 
この思考はそこらの高校生や大学生ですらポッと思いつくレベルのものです。ところがこれを本当に実践しまくっている人がびっくりするほどたくさんいるのです。
 
ヤミ金業界ではこういう人間を「一発飛び」といいます。ヤミ金業者はこれをやろうとした人間を一番嫌います。やくざのような連中ならば、そもそもこういう人間を見極めるのが得意ですから、最初から融資はしません。親族から絞れるなと思ったら貸すといった感じになります。
 
逆にちんぴら・半グレの不良連中だと、一発飛びをやられた途端、血まなこになります。彼らの場合、こういうことをやられるとすぐにカーっと頭に血が上り、ヤミ金業どころか、後先考えずに暴力沙汰になったりするのがお約束です。
 
ヤミ金業と債務者はなんともいえない相互関係があります。「借りたら返すのが当たり前。法律なんて関係ない」というヤミ金と、「借りても返す必要なんてない。法律なんて関係ない」と言い張る債務者。
 
ヤミ金業はほとんどの人がいずれ逮捕され、しかも最初からかなり重い刑事罰を食らわされます。では借りては踏み倒している債務者はどうかというと、世の中のどん底のような場所で働くことになるものです。
 
結局、両方とも人生が破滅するのです。ヤミ金であれ、債務者であれ、うまい汁だけすすろうとすると、まず100%人生が終わることだけは間違いありません。

一覧へ戻る

最速即日解決!!お急ぎの方は「お電話」を

0120-838-370(ヤミハ ミナゼロ)

ォームでのお問い合わせはこちらをクリックしてください

フォームでのお問い合わせはこちら

  • ヤミ金問題コラム
  • ヤミ金問題Q&A
  • 多重債務も一挙に解決
  • ヤミ金問題相談室の理念