ページ上部へ戻る

ヤミ金問題相談室HOME > ヤミ金問題コラム > 法人・自営業のヤミ金相談

ヤミ金問題コラム

法人・自営業のヤミ金相談

2017.03.23

マチ金業者とヤミ金の問題

 
法人や自営業者など、事業の運転資金が枯渇した場合、ヤミ金業者が絡んでくることがあります。今回はこれらについて解説します。
 
事業を行う際、多くの事業者は銀行から融資を受けます。ところが事業がうまくいかなくなると銀行は融資を断るどころか、これまで貸したお金の回収に走ります。いわゆる貸し剥がしです。
 
こうなると小規模な法人や自営業者・個人事業主は商工ローンやマチ金といわれる業者から借入をはじめます。かつてSFCGに代表された商工ローンはその取立の口調や態度がヤミ金まがいとして消費者やメディアから叩かれました。この後、SFCGは倒産しましたが、いわゆる事業者ローンそのものはまだ他にも残っています。
 
マチ金といわれるものはその定義がとても曖昧です。街の中にあるサラ金業者といわれることもありますが、どちらかといえば事業者ローンの範疇に含まれることが多いでしょう。かつ、事業者向けのヤミ金として活動している者もマチ金と呼ばれることも少なくありません。
 

マチ金は普通のヤミ金とは違う

 
このマチ金、いわゆるヤミ金業者とはちょっと趣きが異なります。それも悪質な方にです。
 
ヤミ金業者というのは本当に様々です。見た目も競馬場の馬券売り場にいそうなおじさんのような人もいれば、ごうつくばり丸出しの老婆もいます。ギャング系の格好をしたチンピラの若い連中もいますし、ジャージを着たヤクザっぽい人間もいます。
 
マチ金というのはこれらとは雰囲気が異なります。高級外車に乗って、悪趣味なスーツを着て、クロコダイルのセカンドバッグを持っているような連中といえばわかりやすいでしょうか。ステレオタイプなヤクザといえばそうですが、これにも理由があります。
 
ヤミ金業者としてのマチ金というのは、個人向けのヤミ金業者のようにチマチマと少額を融資するのではありません。大きな金額を貸し出すかわりに、利息が一ヶ月で1000%というのはザラにある世界です。また、彼らから融資を受ければ遠からず事業は倒産するため、敷地や設備など根こそぎマチ金に奪われてしまいます。
 
一言でいえば、ヤミ金と違ってマチ金は大規模かつ本格的な事業として非合法な金融を営んでいるのです。当然、それらはぽっと出のチンピラ連中ができることではありません。大抵は「そのスジ」の人間が営んでいるものなのです。
 

マチ金から借入をしてしまったら

 
マチ金から借入をしてしまうと、単純な話としてその場で倒産が確定します。さらに莫大な借金を事業主は負うことになってしまうでしょう。またそれに加えて取引先にまで巨額の負債を抱えさせることになってしまいます。
 
いわゆるシステム金融や非合法なファイナンスリースなどはマチ金の範疇に入ります。もしこれらに関わってしまったのであれば、一刻も早くイストワール法律事務所までご相談下さい。

一覧へ戻る

最速即日解決!!お急ぎの方は「お電話」を

0120-838-370(ヤミハ ミナゼロ)

ォームでのお問い合わせはこちらをクリックしてください

フォームでのお問い合わせはこちら

  • ヤミ金問題コラム
  • ヤミ金問題Q&A
  • 多重債務も一挙に解決
  • ヤミ金問題相談室の理念