ページ上部へ戻る

ヤミ金問題相談室HOME > ヤミ金問題コラム > 公務員のヤミ金相談

ヤミ金問題コラム

公務員のヤミ金相談

2017.03.15

公務員のヤミ金相談


ヤミ金業者からすると公務員は最も嬉しいカモです。公務員は給与も待遇も安定しているため、毎月必ず取立をすることができるためです。さらに公務員はめったなことではクビにはならない上、公務員の人自身もあまり退職は考えないはずです。ですので、仮に職場に脅しの電話を入れたとしても、まずそれで懲戒解雇になる可能性は低いといえます。
 
以外かもしれませんが、警察官や自衛官などがヤミ金被害に遭うことも往々にしてあり、この場合、ヤミ金としてもうまくリスクヘッジをすれば根こそぎお金が奪えることもあると目論むようです。

 

公務員がヤミ金被害に遭うと

ヤミ金からお金を借りた人は、仮にどんな暴利であってもとりあえずちゃんと返済さえすればいつかは完済できると思いこんでいる人が圧倒的多数です。
 
ですが、ヤミ金業者というものはそういうものではありません。仮にヤミ金から10万円の借金をしたとしましょう。利息はトサンで、十日後に13万円を返せば完済です。そして実際、十日後に13万円を振り込んだとします。
 
ところがヤミ金業者は即座に「前日連絡がないとダメっていったでしょ」などと言い始めます。お金を受け取らない可能性もありますが、大抵は「これはペナルティ」などと言って、また元金分に利息を上乗せしようと企んでくるのです。こんなことを何度か繰り返しているうちに、利息は複利であっという間に膨れ上がり、すぐに債務超過に陥ってしまうのです。
 
のみならず、仮に10万円を借りた後、100万円を返したとしても、ヤミ金は「まだ足りません」などと果てしなく言ってきます。これは要するにオレオレ詐欺や恐喝と同じなのです。
 
ヤミ金から借金をするというのは、このように財産も資産も根こそぎ奪われることと同じなのです。最初に10万円を借りて返済を断ったとしても、また何度か振り込んだ後に「詐欺じゃないか」と言って返済を拒んでも、結局は同じことなのです。
 
そして公務員は会社に取立の電話をされることを極端に嫌がる人がほとんどです。そうなるとヤミ金としてはゆすりの絶好のネタができたとばかりに、ありとあらゆる脅しを用いて公務員の方からお金を奪おうと画策してくるでしょう。

 

勤め先への嫌がらせだけは避けたいのが公務員

ヤミ金の取立で債務者が最も嫌がるものは、勤め先と家庭への取立です。とくに公務員の場合、ヤミ金からの取立があったなどと職場の人に知られては、以降の出世はまずできなくなってしまいます。
 
ですが、ヤミ金はそれが狙い。債務者が返済を渋りだした途端、ヤミ金業者は毎日のように債務者の勤め先に嫌がらせの電話をしてくるでしょう。とくに公務員という職場の都合上、仮にヤミ金からの電話であっても着信拒否などはやりにくいはずです。そうなると職場ももうヤミ金のせいでてんやわんやになりかねません。
 
この結果、債務者は懲戒解雇にはならないかもしれませんが、少なくとも左遷や懲戒などを受ける可能性は大いにあります。また、表には出ないかもしれませんが、内々で退職勧奨を受けることも否定はできません。
 
しかし公務員にとって職場とは生命にも等しいもの。ことに公務員の場合、多かれ少なかれ保持すべき機密が生じます。警察・検察・税務などの場合であればそれはなおさらです。このため、ヤミ金問題が生じたのであれば、左遷や閑職への異動は良い方で、職場次第では内々において自主退職を促される可能性も少なくありません。

 

一刻も早いヤミ金相談を


ヤミ金被害を軽微に終わらせるには、とにかく早く専門の弁護士に相談をすることです。すぐヤミ金対策をするかどうかはともかく、まず無料相談をすることで気持ちはずっと楽になります。

一覧へ戻る

最速即日解決!!お急ぎの方は「お電話」を

0120-838-370(ヤミハ ミナゼロ)

ォームでのお問い合わせはこちらをクリックしてください

フォームでのお問い合わせはこちら

  • ヤミ金問題コラム
  • ヤミ金問題Q&A
  • 多重債務も一挙に解決
  • ヤミ金問題相談室の理念