ページ上部へ戻る

ヤミ金問題相談室HOME > ヤミ金問題コラム > 会社員のヤミ金被害について

ヤミ金問題コラム

会社員のヤミ金被害について

2017.03.13

ヤミ金業者は会社の信用も調査する


ヤミ金被害を受けている方の中で、常に多数を占めているのがサラリーマンです。ヤミ金業者はほとんど審査をせず、融資を行うことが珍しくありません。しかし同時に融資の際、2つの点は必ずチェックします。
1)親戚や家族がいるか
2)どこから収入を得ているか
この2点です。


 

・(1)親戚や家族がいるか



1)の「親戚や家族がいるか」はヤミ金業者にとってのキモです。ヤミ金業者は違法な暴利で融資を行うため、債務者が返済できる回数が限られています。まともに返済をしても早くて2~3習慣、もっても二ヶ月がせいぜいでしょう。


そして債務超過に陥った後、ヤミ金業者は債務者の親戚や家族から取立を行います。このとき、親戚や家族の属性や勤め先についても細かくチェックはするはずです。たとえば親戚といっても他人に近い親戚だったり、それとも家族全員がみんなヤミ金から借入をしているような困窮している状況であればやはり融資を渋る可能性も否めません。


逆に家族が公務員だったり、親が借金を立て替えてくれるような家であれば、ヤミ金も舌なめずりをしていくばくかの融資を行うことも十二分にあり得ます。もちろん、その後、破滅的な損害を被るのはそれらの親戚や家族となります。


 

・(2)どこから収入を得ているか



これはヤミ金としてはも当然チェックすべきポイントです。たとえば無収入で天涯孤独のホームレスにヤミ金がお金を貸すかといえば、絶対にそれはあり得ません。もしあるとすれば生活保護を受けさせて、そこから毎月お金を絞り取るという形式になるでしょう。


同じように何らかの給付金や手当・年金が毎月入る人であれば、ヤミ金業者はお金を貸します。しかしまったくの無収入で働き口も見つけられない人にはヤミ金は融資はしないのです。


そして勤め先がある場合、ヤミ金業者は会社の連絡先や住所などを細かくチェックします。要するに脅すに価する相手であるかどうか、また脅した場合、リスクなくいくら搾り取れるかについても調査をするのです。


日本ではサラリーマンが労働者の8割近くを占めています。そして朝から晩までチンピラ同然の格好で会社に取立をしたり、嫌がらせの電話をしたりすれば、会社としては当然参ってしまいます。そしてそれがヤミ金であると知れば、会社としては社員を懲戒解雇にする可能性も十二分にあり得るでしょう。


会社員の被害者が恐れるのはまさしくこの点です。もちろんヤミ金としても会社そのものを脅せば逮捕のリスクも、債権が回収できなくなるリスクもあるため、このさじ加減は微妙なところ。「会社に連絡するよ」とネチネチと脅しを繰り返すことで債務者を精神的に追い詰めることがまずほとんどです。


 

会社が立て替えたらどうなるか



ヤミ金から会社に取立の電話が始まった際。少人数のアットホームな企業であれば、ときに会社がお金を立て替えてくれることもあります。


ではそれでヤミ金被害が収まるのかといえば、100%それはあり得ません。ヤミ金としては会社というカモが増えただけ。会社が一度支払えば「まだ足りないんですよね」とか「これは前回分までの金利だから」などと適当な難癖をつけて、会社が倒産するまでお金を毟ろうと試みてきます。


またそれと同時に債務者に対しても「会社が立て替えたなんて知らないよ。振り込まれてないから」などといい加減なことを繰り返して、債務者への取立も同時に続けます。


 

ヤミ金に関わった会社員と会社の最後



これがヤミ金業者というものの本質。そしてもう返済ができなくなったとわかった途端、債務者個人には携帯電話を作らせたり、日雇い労働の現場で働かせたりと最後の追い込みを始めます。また会社に対しても裏書きのある手形を作らせたり、会社の建物や敷地を担保に入れさせたりと何かもを奪い尽くそうと画策してくるのです。


これらはけっして珍しい話ではありません。違法な連中に関われば、どこまでも落ちてゆくのは当たり前のことなのです。ヤミ金業者に引っかかってしまったのであれば、まずは至急当所までご相談下さい。

一覧へ戻る

最速即日解決!!お急ぎの方は「お電話」を

0120-838-370(ヤミハ ミナゼロ)

ォームでのお問い合わせはこちらをクリックしてください

フォームでのお問い合わせはこちら

  • ヤミ金問題コラム
  • ヤミ金問題Q&A
  • 多重債務も一挙に解決
  • ヤミ金問題相談室の理念