ページ上部へ戻る

ヤミ金問題相談室HOME > ヤミ金問題コラム > ヤミ金業者は「取立」ではなく「追い込み」をする

ヤミ金問題コラム

ヤミ金業者は「取立」ではなく「追い込み」をする

2014.11.19

このコラムで何度も繰り返していますが、ヤミ金は金融業者ではなく、あくまでも犯罪者です。詐欺と暴力・脅迫を繰り返すような悪質な犯罪者に関わってしまったにも関わらず、早めに対策を行わないのであれば、事態はどんどん悪化してゆきます。



たとえば奥さんや子どもがいるのであれば、ヤミ金は奥さんや娘に対して「風俗店で働け」などと平然と喚き散らすでしょう。義両親の家にも電話をかけて「おたくの義理の息子の借金を返せ。返せないなら家を売れ」などと平然と何日でも騒ぎます。また、子どもが小さいのであれば子どもの学校に電話をして「おたくの子どもの親が借金をしている」などと言った事例もありますし、子どもに直接会って「お前の親どうするんだ」などと凄んできた話もあります。



当然、債務者本人への嫌がらせは想像を絶します。「指を全部詰めろ」とか「歯を自分で一本残らず引きちぎれ」「内臓を売れ」などというような脅迫は日常茶飯事です。もちろん会社にも同じような脅迫は続くことでしょう。



ヤミ金からお金を借りている人は事態の危険さに気づいていない人が大半です。ヤミ金は人を殺しても何とも思わないような悪質な刑事罰の対象者なのです。世の中の常識など通用しません。だからこそヤミ金被害が生じたのであれば一刻も早く当所にご相談下さい。

一覧へ戻る

最速即日解決!!お急ぎの方は「お電話」を

0120-838-370(ヤミハ ミナゼロ)

ォームでのお問い合わせはこちらをクリックしてください

フォームでのお問い合わせはこちら

  • ヤミ金問題コラム
  • ヤミ金問題Q&A
  • 多重債務も一挙に解決
  • ヤミ金問題相談室の理念