ページ上部へ戻る

ヤミ金問題相談室HOME > ヤミ金問題コラム > 業種内にはびこるヤミ金にも要注意

ヤミ金問題コラム

業種内にはびこるヤミ金にも要注意

2014.10.19

ヤミ金を行っていると自覚しないままヤミ金業を営んでいる者も世の中には存在します。たとえば会社内などの内々でお金を融通しあうような関係。同僚や会社の先輩がお金を貸し付けるものの、その利息が法定利息を超過しているというパターンなどがこれにあてはまります。また友人・知人の関係で金利を付けるパターンも同様です。



これらの場合、構築された人間関係の中での貸借となるため、あまり問題が表には出にくい面があります。また、もしこれを表沙汰にすると今度は仕事そのものにも支障が出るのではという懸念も被害者にはあるようです。



しかし貸付をしている側はそれを逆手にとってお金を貸しているのです。もしこの関係を長く続けると、やがては仕事どころか人生そのものが破綻する可能性も大いにあります。これらのあくまでもヤミ金であり、犯罪行為なのす。もし、利息が高すぎてお金が返済できないと思ったのであれば、迷わず弊所にご相談下さい。

一覧へ戻る

最速即日解決!!お急ぎの方は「お電話」を

0120-838-370(ヤミハ ミナゼロ)

ォームでのお問い合わせはこちらをクリックしてください

フォームでのお問い合わせはこちら

  • ヤミ金問題コラム
  • ヤミ金問題Q&A
  • 多重債務も一挙に解決
  • ヤミ金問題相談室の理念