ページ上部へ戻る

ヤミ金問題相談室HOME > ヤミ金問題コラム > ネオン街のような宣伝はヤミ金の手口 2

ヤミ金問題コラム

ネオン街のような宣伝はヤミ金の手口 2

2014.01.16

とにかく目に付いて「安い」。そして「ハデ」。これがサラ金の中でも質が悪くなるほどに強くなる手口といえます。ヤミ金ともなればいわずもがなです。逆に銀行などの広告はどうでしょう。実に地味ではないでしょうか。下品で原色ビカビカな広告では、資金のある人達は「こんなところ信用できないよ」とお金を預けることを嫌がってしまうためです。

最近でこのような傾向で危険な手口を広告するものは、いわゆる「高利貸し」であるヤミ金に限らなくなってきています。たとえばクレジットカードのショッピング枠を現金化するという手口。これも一種のヤミ金であり、クレジットカードの規約を悪用したものです。これに一度関わってしまうと、債務者は凄まじい手数料を取られてショッピング枠のほとんどをヤミ金(現金化会社)に奪われた末、ほんの少しだけが現金として渡されます。しかし債務者が「詐欺に騙された」とクレジットカード会社に連絡をするや、カード会社は「それは規約違反です」とカードそのものを抹消されてしまうため、ほとんどが泣き寝入りというのが実態です。

また下品で目立つ広告といえば、たとえばインターネットのアダルトサイトにおける「ワンクリック詐欺」や「ツークリック詐欺」。このほか「競馬情報詐欺」や「出会い系のサクラ」や「出会い系の優良サイトへの誘導」なども悪質なものといえます。この辺りになると必ずしもヤミ金とは言い切れなくなりますが、本質的には似通った金融詐欺でもあるのです。

もしこのような手口に引っかかってしまった場合、当所ではこれらの対処も可能です。まずは無料相談までお問い合わせ下さい。

一覧へ戻る

最速即日解決!!お急ぎの方は「お電話」を

0120-838-370(ヤミハ ミナゼロ)

ォームでのお問い合わせはこちらをクリックしてください

フォームでのお問い合わせはこちら

  • ヤミ金問題コラム
  • ヤミ金問題Q&A
  • 多重債務も一挙に解決
  • ヤミ金問題相談室の理念